ハンドベルチームを作ろう

クリスマスコンサート in 名古屋聖マタイ教会

昨日、名古屋聖マタイ教会で行いましたクリスマスコンサート(定期演奏会)は、おかげさまで無事終了することができました。

たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

名古屋聖マタイ教会での演奏

今回の定期演奏会は、定番のクリスマスソング、ディズニーの曲、クラシックの曲など、いろいろなジャンルの曲をプログラムに入れました。

当サイトで掲載している楽譜の中からは、『アヴェ・マリア』『カノン』『きよしこの夜』を演奏しました。

演奏に合わせて手拍子をしていただいたり、歌っていただいたりと、私達の演奏を盛り上げてくださって大変感謝しております。

皆様、是非来年の定期演奏会にもお越しくださいね。

スポンサード リンク

タグ

2012年12月2日 | コメント/トラックバック(8) |

カテゴリー:奈々シータ日記

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 剣の迷子 より:

    素晴らしいコンサートでした。
    演奏者の皆さんの息も合って良かったと思います。
    教会でのハンドベルコンサートは初めてでしたが
    Xmasコンサートにはぴったりの会場でしたね。
    趣のあるコンサートに癒され感動しました。
    益々のご活躍を祈念申し上げます。
    ありがとうございました。

    • nanacita より:

      剣の迷子さん♪

      お褒めの言葉をありがとうございます。
      剣の迷子さんには是非来ていただきたいと思っていましたので、
      お会いできてとても嬉しかったです。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. sumire より:

    先日はコンサートお疲れ様でした☆
    大盛況でしたねo(〃^▽^〃)o

    ハンドベルの美しい音色と
    奈々さんのステキな笑顔に癒されました☆★
    ありがとうございました。

    お陰様で、今年も
    幸せなひと時を過ごすことができました☆★
    感謝です。

    まだコンサートが続きますが
    お体気をつけて頑張ってくださいね☆★

    • nanacita より:

      sumireさん♪
      いつも温かいコメントありがとうございます。

      今年もコンサートでお顔を拝見できてとても嬉かったです。
      お母様にもよろしくお伝えくださいね。
      これからも応援よろしくお願いします。(*’▽’)

  3. 勿忘草 より:

    奈々先生、素晴らしいコンサートありがとうございました!
    昨年は娘と伺いましたが、今年は主人と3人で伺いました。
    教会に響く美しいイングリッシュハンドベルの音色を聴いて
    心に潤いをもらいました。
    主人は、きよしこの夜 の曲に特に感動したようでした。
    日ごろの忙しさの中、歌など歌った覚えがなかったため、
    きよしこの夜をハンドベルと一緒に歌えた喜びが
    忘れられないようです。
    私は、星に願いを と、見上げてごらん夜の星を を聞いて、
    感動のあまり涙が出てきてしまいました。
    娘はコンサートの事を早速日記に書いておりました。

    本当に素敵な一日を過ごさせていただいたこと
    感謝いたしております。

    • nanacita より:

      勿忘草さん♪
      コメントありがとうございます。

      ご家族で楽しんでいただけてとても嬉しく思います。
      来年も是非皆様でお越しくださいね。お待ちしております。

      Rちゃん、Rちゃんパパにもよろしくお伝え下さい。
      素敵なクリスマスをお迎えくださいね。(*’▽’)

  4. 愛子 より:

    本当に感動するもの、素敵なものに触れると言葉がでませんね。
    毎年レベルアップしていましたが、今年の素晴らしさは想像をはるかに超えていました。
    クラシックの名曲がハンドベルで、あんなに美しい音色を奏でられるなんて、
    奈々シータの秘めた才能や可能性、本物のすごさに惹きこまれました。
    奈々シータは相変わらず華やかで可愛らしく、笑顔もよかったです。
    ハンドベルの皆様ありがとうございました。

    • nanacita より:

      愛子さん♪
      毎年コンサートにお越しいただきまして、
      ありがとうございます。

      愛子さんのお褒めの言葉、とても嬉しいです。
      これからも応援してくださいね。
      よろしくお願いします。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ